Top >  オーストラリアの世界遺産 >  ニュージーランド亜南極諸島【ニュージーランド】

スポンサードリンク

ニュージーランド亜南極諸島【ニュージーランド】

この地域一帯でしか見ることの出来ない、貴重な鳥類や植物、昆虫などが多く生息しているのは、ニュージーランドから南へ200キロ程離れた地点にある5つの諸島(スネアーズ諸島、アンティポデス諸島、オークランド諸島、キャンベル島、バウンティ諸島)とその周辺です。
スネアーズ諸島の近海では、南極からの寒流と太平洋からの暖流がちょうどぶつかり合う地点があり、天候が不安定となるので、たびたび暴風雨に襲われます。
また、寒流と暖流が衝突することによって、大量のプランクトンが発生し、それらのプランクトンを食べる魚たちが多く集まってきます。
ですので、鳥たちにとっては絶好の繁殖地となっています。
その鳥の中でも、ニュージーランドアホウドリ、ミズナギドリ、スネアーズペンギンなどが有名です。
ここで確認されている鳥類は126種、その内海鳥は40種にもおよび、生物の進化を研究する上でとても重要な地域となっています。
これらニュージーランド亜南極諸島は、1998年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 テ・ワヒポウナム【ニュージーランド】  |  トップページ

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。