Top >  オーストラリアの世界遺産 >  テ・ワヒポウナム【ニュージーランド】

スポンサードリンク

テ・ワヒポウナム【ニュージーランド】

まず1986年にフィヨルドランド国立公園が世界遺産として登録されたのを皮切りに、1990年にはアオラキ/マウント・クック国立公園、ウエストランド国立公園、マウント・アスパイアリング国立公園も世界遺産に登録され、そしてテ・ワヒポウナムはユネスコも世界遺産(自然遺産)に登録されました。
テ・ワヒポウナムには、サザン・アルプス山脈は、クック山を含む大きな山が広がりから形成しています。
ニュージーランド南島南西部に位置するこのテ・ワヒポウナム地域は、険しい自然環境のために世界で最も人の手が入っていない地域として知られていました。
このことからもおわかりのように、クック山を含めその壮大な光景は一見の価値があります。
また海岸部では、フィヨルド、ミルフォード・サウンドが広がります。
これは、1億年以上も前の氷河期に形成されたといわれています。
このテ・ワヒポウナム地域は、標高2000メートルを越える険しい山々、深いフィヨルド海岸、長大な氷河といった絶景ポイントが数多く点在しています。
またテ・ワヒポウナムは、ニュージーランドの原始の姿を今に伝える貴重な場所でもあります。
氷河期からほとんど変化を見せていない固有の種や、肉食のカタツムリなどを持つ自然地帯となっているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 パーヌルル国立公園【オーストラリア】  |  トップページ  |  次の記事 ニュージーランド亜南極諸島【ニュージーランド】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。