Top >  オーストラリアの世界遺産 >  パーヌルル国立公園【オーストラリア】

スポンサードリンク

パーヌルル国立公園【オーストラリア】

西オーストラリア州の北部、キンバリー地区にある、パーヌルル国立公園(Purnululu National Park)。
このパーヌルル国立公園は、パースからは北東に2054キロメートル離れた所に位置しています。
パーヌルル国立公園内には、バングル・バングル(Bungle Bungle)と呼ばれる奇岩があります。
バングル・バングルにはドーム状の形をした砂岩があり、このドームになっている部分が褐色の縞模様をしています。
この縞模様は、粘土層と砂岩層とが合わさって出来たものだといわれてます。。
粘土層は微生物の繁殖が行われやすく、砂岩層は鉄分を多く含むとともに多孔性であるため微生物の繁殖がしにくいんだそうです。
層によって微生物の含有量が違うことで、奇妙な縞模様が出来ているわけです。
このドーム状の砂岩の他にも、岩石で出来ているドームもあります。
これらは、大小の岩石が一度セメント状となったと考えられています。
オード川の流れが作った水たまりに堆積物がつもり、その後雨がその堆積物が作った岩石を削り、ドーム状を生成したと推測されています。
「バングル・バングル」は、アボリジニの言葉で『砂岩』を意味し、また「パーヌルル」とはキジャと呼ばれるアボリジニの民族集団の言葉で『バングル・バングルの砂岩地帯』を意味しています。
これは、英語の「bundle(束)」が訛ったと考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ハード島とマクドナルド諸島【オーストラリア】  |  トップページ  |  次の記事 テ・ワヒポウナム【ニュージーランド】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。