Top >  オーストラリアの世界遺産 >  タスマニア原生地域【オーストラリア】

スポンサードリンク

タスマニア原生地域【オーストラリア】

1982年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されている地域の総称である、タスマニア原生地域(Tasmanian Wilderness)。
このタスマニア原生地域は、オーストラリア・タスマニア州(タスマニア島)にあります。
タスマニア島の海岸の地形は、1万5000年前の玄武岩からなっています。
また今では氷河によって削られた後が、壮大な光景を醸し出しています。
タスマニア原生地域の文化的遺産として、壁画や、石器なども見つかっています。
その壁画はアボリジニのステンシル技法で書かれており、考古学的にも非常に貴重な場所となっています。
またタスマニア原生地域は、タスマニアデビルの生息地としても有名です。
現在では、絶滅の恐れがあるために保護されているタスマニアデビルも、かつては家畜や家禽を襲う害獣とされ駆除されていました。
ほかにもウォンバットやカモノハシなど、多種多様なオーストラリア独特の生物種や、このタスマニア島の固有種が生息することでも知られています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 グレート・バリア・リーフ【オーストラリア】  |  トップページ  |  次の記事 ウルル(エアーズロック)-カタ・ジュタ国立公園【オーストラリア】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。