Top >  南米の世界遺産 >  オウロ・プレット【ブラジル連邦共和国】

スポンサードリンク

オウロ・プレット【ブラジル連邦共和国】

1980年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、オウロ・プレット(Ouro Preto)。
ブラジルのオウロ・プレットは、ミナス・ジェライス州の一都市で標高1,179メートルに位置します。
都市名のオウロ・プレットとは、「黒い黄金」を意味しています。
オウロ・プレットは、17世紀より始まったゴールデンラッシュで建設された、金鉱採掘のための植民都市の中心でした。
ブラジル南東部の山間に位置するこのオウロ・プレット、1963年には金鉱が発見されたのです。
その後、凄まじいゴールドラッシュが始まり、それまでは何もなかった高原に、次々と街が建てられていきました。
ブラジルのミケランジェロと称えられる彫刻家、アレイジャジーニョが手がけた教会建築は、このオウロ・プレットの街を観光都市にしました。
この建築とは、ゴールドラッシュで財を成した人々の寄進によるバロック様式の教会だったのです。
その他にも、画家のメストレ・アシャイデや詩人のトマス・ゴンザガ、作曲家のロボ・デ・メスキータ一家などがこの地で作品を残しています。
ここオウロ・プレットは、金鉱が発見されてからわずか40年足らずの間に、10万人を有する大都市へと変貌したのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 サン・アグスティン遺跡公園【コロンビア共和国】  |  トップページ  |  次の記事 イグアスの滝/イグアス国立公園【ブラジル・アルゼンチン】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。