Top >  南米の世界遺産 >  ガラパゴス諸島【エクアドル共和国】

スポンサードリンク

ガラパゴス諸島【エクアドル共和国】

1978年に、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、ガラパゴス諸島。
ガラパゴス諸島は、各大陸とは隔絶され、天敵になるような大型の陸棲哺乳類が存在しませんでした。
そのため独自の進化を遂げた固有種の観察をもとに、生物学者チャールズ・ダーウィンが『進化論』を発表したことで有名になりました。
南米エクアドルの西へ1000キロ離れた所に位置し、太平洋上に浮かぶ絶海の孤島、ガラパゴス諸島。
ガラパゴス諸島は、19からなる火山群島です。
この19からなる火山群島には、絶海の孤島という閉ざされた環境の中で独自に進化をしてきた生き物がたくさん生息しています。
主な生き物たちには、ガラパゴスゾウガメ、ガラパゴスペンギン、ガラパゴスリクイグアナ、ウミイグアナ、ヨウガントカゲ、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイなどが存在します。
大航海時代になると、ガラパゴスゾウガメの捕食やヤギの繁殖が始まりました。
また1832年にエクアドルが領有を宣言してからは、次々と入植者が増えていきました。
ガラパゴス(Islas Gala'pagos)とは、「ゾウガメの島」という意味を持ち、本来の正式名称はコロン諸島と言います。

スポンサードリンク

 <  前の記事 エバーグレーズ国立公園【アメリカ合衆国】  |  トップページ  |  次の記事 サン・アグスティン遺跡公園【コロンビア共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。