Top >  アメリカの世界遺産 >  イエローストン国立公園【アメリカ合衆国】

スポンサードリンク

イエローストン国立公園【アメリカ合衆国】

1978年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、アメリカの中西部にあるイエローストン国立公園(Yellowstone National Park)。
イエローストン国立公園は、アイダホ州、モンタナ州、およびワイオミング州にまたがる国立公園で、すでに1872年には、世界で最初の国立公園として指定されていました。
イエローストン国立公園は大きく5つの地域に分けることができます。
イエローストーンのシンボルにもなっている間欠泉『オールド・フェイスフル・ガイザー』のあるガイザー・カントリー、テラスマウンテンのあるマンモス・カントリー、タワー滝が有名なルーズベルト・カントリー、イエローストーン大峡谷、アッパー滝とロウアー滝、ノースリムと見所が豊富なキャニオン・カントリー、そしてイエローストーン・レイクのあるレイク・カントリーです。
世界最古の国立公園で、総面積8900平方キロメートルの広さを持つイエローストン国立公園は、世界一の熱水現象の集中地域でもあります。
イエローストン国立公園には、様々な間欠泉や温泉、地熱、その他たくさんの見所があります。
さらには美しい渓谷もあることで有名です。
また公園内には60種、およそ4万頭の野生動物(グリズリーや狼、バイソン、ワピチなど)が生息するほど、野生の生態が残されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡【アルメニア共和国】  |  トップページ  |  次の記事 イスキグアラスト/タランパヤ自然公園群【アルゼンチン共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。