Top >  ヨーロッパの世界遺産 >  セントキルダ島【イギリス】

スポンサードリンク

セントキルダ島【イギリス】

群島全域が1986年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、ブリテン諸島最北端に位置する群島「セントキルダ島(Saint Kilda archipelago)」。
また、ナショナル・トラストにも指定されています。
セントキルダ島は、ノースユイスト島(North Uist)の西方約65キロメートルに位置し、主な島は、ボーレー島(Boreray)、ヒルタ島(Hirta)、ソアイ島(Soay)の4島からなっています。
セントキルダ群島の全ての島は無人島で、ナショナル・トラストから派遣されている監視員の数人が交代で駐留している程度です。
セントキルダ島の名前の由来はいろいろとありますが、もっとも有力なものとして、古代ノルド語で『おいしい井戸水』を意味する「sunt kelda」。
その他にもヒルタ(Hirta)や聖ヒルダ、または古代スカンジナビア語で盾を意味する「Skilder」が訛ったという説もあります。
このセントキルダ群島は、ニシツノメドリやコシジロウミツバメ、フルマカモメの繁殖地としてイギリス最大の規模を誇ります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群【イギリス】  |  トップページ  |  次の記事 ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター修道院と聖マーガレット教会【イギリス】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。