Top >  ヨーロッパの世界遺産 >  ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群【イギリス】

スポンサードリンク

ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群【イギリス】

1986年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群。
ストーンヘンジは、環状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁からなり、世界で最も有名な先史時代の遺跡です。
また古代モニュメントとしても、法的に登録および保護されています。
そして英国の国家遺産としても、ストーンヘンジは保有・管理されています。
古代の天文台、太陽崇拝の祭祀場、ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂など、遺跡の目的については様々な説が唱えられていますが、現在においても結論はでていません。
ロンドンから西に約200キロメートルのイギリス南部、ソールズベリーから北西に13キロメートルの地域に数多く見られる、ストーンヘンジ(stonehenge)。
ストーンヘンジとは、「環状列石」のことをいいます。
このストーンヘンジは、アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した頃よりすでに存在していました。
ストーンヘンジの語源は、古英語によると石を意味する“sta-n”と、蝶番を意味する“hencg”(上に乗る横石が、縦石に蝶番のように積んであるから)からきているといわれています。
また、絞首台・拷問具を意味する“hen(c)en”からきているという人もいます。
「ヘンジ」とは、一般的にヘンジとして知られるモニュメントの一群を指す名前に代表されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 スケリッグ・マイケル【アイルランド共和国】  |  トップページ  |  次の記事 セントキルダ島【イギリス】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。