Top >  ヨーロッパの世界遺産 >  エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡【アルメニア共和国】

スポンサードリンク

エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡【アルメニア共和国】

古いキリスト教の教会堂を対象として、2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、アルメニア共和国にある「エチミアジンの大聖堂と教会群ならびにズヴァルトノツの考古遺跡」。
アルメニアの歴史家アガタンゲロスによると、聖堂の建設は、最初の大主教啓蒙者であるグレゴリオスが、キリストが天から降りてきて、金色の槌で大地に触れるビジョンを見たことに始まったとされています。
そしてその場所「ヴァガルシャパト(現エチミアジン)」に、大聖堂を建設しました。
その形式はアルメニア独自の建築様式で、強くシリアの影響を受けた、ビザンティン建築でもないものでした。
世界の中でも、最も古い文化を持つ国の一つに数えられているアルメニア共和国。
301年には、歴史上初めてキリスト教を国教と定めました。
一度、5世紀にアルメニア王国は滅びましたが、6世紀末には、アルメニア人は東ローマ帝国のあらゆる場所にコミュニティを形成しました。
特に軍関係の要職を占めたため、アルメニア人は東ローマ帝国内にて社会的優位性を築きあげたのです。
また、ビザンティン建築の発展にも貢献しています。
この大聖堂以外ですと、スルブ・ガヤネ聖堂、スルブ・フリプシメ聖堂、スルブ・アストゥアツァンティン(聖母)聖堂などが世界遺産に登録されています。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 イエローストン国立公園【アメリカ合衆国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 相場

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「気軽に行きたい欧米豪の世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。